2000年6月の日記

最初のうちは、長文ばかりになりますが、そのうちに書くことがなくなってきますので、お許しください。
6月 21日 AM6:30に自宅を出発しJRで関空にむかう。
しかし、途中でスーツケースの鍵を忘れたことに気づいた。
電話をしようにも、携帯電話は昨日解約したので、無い。
途中の駅で電車を降り、自宅に電話をしてセーフ!

新大阪駅にて電車を乗り換える、が、信号故障のため遅れている。
余裕を見て出発していたため、こちらもセーフ!

定刻どおり離陸。 初めての飛行機の感想・・・「こんなものか?」

バリ(デンパサール空港)に着陸。 「少しビビるかな?と思ったが、怖くなかった」
デンパサール空港のエレベータに乗っていたら、いきなり故障しSTOP!
転倒しそうになる。 「今日はトラブル続きで無事に着けるんだろうか」と思う。
デンパサールの空港は、日本語いっぱいで拍子抜けした。
便の関係か空港内も日本人が半分以上だ!

無事ジャカルタ(スカルノハッタ空港)に到着し、現地の会社のエージェントにピックアップされ、別ルートにて並ぶことなく、また何事もなく入国手続き完了!

上司であるF氏の車にて約1ヶ月住む事になるプレジデントホテルに直行する。
とりあえず荷物を部屋に置いて、レートが悪いが時間も遅いのでホテルで両替をする。(\1:Rp74.00)
ホテル内の日本食レストランへ行き、夕食を食べる。(刺身も醤油もわさびもあるし、ほかのものもウマイじゃん!)
F氏と別れ、部屋に戻る途中に同じフロアーで関空から一緒だったスチュワーデスと会った。 どうやら同じフロアーらしい、目が合ったが気付いていないのか無視されているのか...

開梱もそこそこに23:30(日本時間22日1:30)に就寝。

6月 22日 今日は着任の日だ!  上司のF氏にホテルに迎えにきてもらい出勤する。
工場までの道のりは遠い!...めちゃめちゃ遠い高速を120km/hで走っているのに1時間もかかる。
工場は広い!...めちゃめちゃ広い!「みんなココでゴルフをすればいいのに」と思った。
とりあえず初日なので、挨拶と色々と説明を受け、工場を見学して退社。
夜は上司のF氏と前任のO氏とでブロックMの居酒屋で食べる。
メニューも店内も日本語ばかりで、海外に来たという実感がまた薄れていく...

6月 23日 今日はO氏の申し送り資料を読んだりして、少しだけ仕事らしきことをした。
しかし、現地の人が相手では言葉の壁は厚く、「さっぱり解からん!」
夕食は日本人スタッフでタイ風しゃぶしゃぶを食べに行き、その後出張で来ている人2人とブロックMのカラオケへ行った。
そろそろ帰ろうかと思ったときに停電した。ブロックM全体が停電らしい。
やっと精算を済ませ帰ろうとした時、運転手が見つからないという事態に陥ってしまった。
携帯に電話しても通じない... 大声で呼びながらうろうろしていると後方より私の名前を呼ぶ声が...「助かった!」   このまま帰宅!

6月 24日 今日は土曜日! こっっちに来て最初の休日だ。
朝からO氏夫妻の案内でこれから頻繁に行くことになる場所について案内してもらった。
まずデパート「パサラヤ」に行き、とりあえず両替をする。(Rp.81.65/\)
その後日本食スーパー「カモメ」、「コスモ」、西洋スーパー「ケムチックス」に行き、それぞれ少しずつ買い物をした。 日本のものは大体手に入るし、思ったよりは高くない。
その後、病院「メディカロカ」に行き、休みではあったが今後給料が振り込まれる「東京三菱銀行ジャカルタ支店」にいった。
次に現地の人たちのよく利用するスーパーに行った。(めちゃめちゃ安かった)
夕食は同じ会社のF氏の家に招かれていたが、時間が早すぎるのでO氏のマンションを見せてもらうことにした。
門に入ると噴水があり、ものすごくゴージャスな感じだ!
中に入ると、部屋の奥に、また部屋があり、めちゃめちゃ広い!
F氏の家はもっと広かった。 逆に広すぎて落ち着かないくらいだ...
私も8月には、隣に住むことになるので、同じらしい...
実際に住むようになったら写真を交えて詳しく説明しようと思う!

6月 25日 実は昨日から風邪気味で咳が止らない。
日曜日でもあるしゆっくり静養しようと思ったが、とりあえず「そごう」をブラついてみる。
昼からはタクシーに乗って「パサラヤ」へ出かけた。
しかし、カゼのせいもあって早々に引き上げてホテルで静養した。

6月 26日 今日から自分専属の運転手がつき、出勤する。 車はトヨタ・カローラだ!
(こちらではセダンは高級車でカローラは日本円で400万円もするらしい)
体調のほうは、風邪がさらにひどくなり、一日しんどかった。
仕事を終えてホテルへ直行し、夕食を取る。
食事中に携帯電話に日本(父親)から電話があり、かなりの時間話をした。
(一体、電話代はどれぐらいかかったんだろうか?)

6月 27日 もう、今日は風邪でダウン寸前だ!
日本だったら、有給を使って休んでいるところだが、そうもいかない...
明日はイミグレと警察に行って、就労許可等の手続きをするので、出勤は昼からにするので、ついでに病院も予約した。
なんとか一日持ちこたえられた。

6月 28日 風邪の状態は少しはマシになってきた。 でも咳が出だすと止らない。
朝からイミグレと警察に行って指紋を登録してきた。
その後、病院へ行った。 昨日、予約しておいた時間に行ったにもかかわらず、1時間ぐらい待たされた。 もっと検査などをするのかと思ったけど聴診器を当てて症状を聞いただけで終わり。
薬をもらいRp.280,000を払って帰った。
昼を過ぎていたので、パサラヤの地下のレストランでオムライスとチキンカツのセットを食べて会社に行く。
3時間ほどでは何も仕事にならない。
夕食は、こちらの会社がスタートして2年で初めて黒字になったことで祝賀会があったため、私自身は黒字に何も貢献していないのだが、参加する。
他の人は2次会に行った人もいるようだが、まだ体調が思わしくないためホテルに帰る。

6月 29日 昨日もらった薬が食前に飲む薬だったため、朝起きてから薬を飲んで朝食を取る。
薬の効果か、咳は少しおさまっているようだ。 しかし、こちらの薬はきついのか、副作用か頭がクラクラする。 目をつぶったままだと真っ直ぐ立っていられないかもしれない。
6月 30日 早いもので今日で6月も終わり。 私がインドネシアに来てから9日が過ぎた。
やはり薬を飲んでいないと咳が出るので、薬を飲んで会社に行く。
しかし、風邪の症状は治ったものの咳だけが止らないのが心配だ。
このまま、このめまいのする薬を飲みつづけるのも怖い気がするし...
会社の帰りに運転手に「閉店までにコスモに行けるか?」と聞いてみる。
運転手「飛ばせば間に合う。 あなた飛ばすの好きか?」ってなことを言っているらしい。
私:「飛ばしてOK! 今日だけね!」なんて事を言う。
すると、路肩は走るわ、2車線またいで車線変更するわを140kmぐらいでやっている。
「まぁ、私の為に頑張ってくれているんだから...」と思い、事故を起こさないことだけを祈る。
高速道路を降りてから、結構渋滞があったが、無事、閉店7分前にコスモに到着。
薬の売り場に走り、日本でおなじみの薬をget!
運転手に少し多めにチップを渡し、「飛ばすのは今日だけネ」と念をおす。

7月の日記へ