2001年1月の日記

1月1日 いよいよ21世紀の幕開けである。
みなさま、ことしもどうかよろしくお願いします。

1月2日 ゴルフばっかりで、あっという間に休みが終ってしまった。
今日から通常出勤である。
日本はまだ休みで、「炬燵に入って箱根駅伝でも見ているんだろうなぁ」などと考えてしまう。

1月3日 美里の学校はまだ冬休み中(暑いので夏休み第二段って所でしょうが...)なので妻たちがモールに買い物に行くと、制服の子供達がたくさんいたらしい。
どうやら、日本と同じでお年玉をもらってみんなご機嫌で買い物に来ているらしい。

1月4日 私は平日なので行けなかったが、アンチョールと言うところにある「シーワールド」に行った。
設備も素晴らしくて広い! 
白いジュゴンが泳いでいるのを見て感動した。
海底のように作っているガラス張りのトンネルの中を動く歩道が走っていて子供達も喜んでいた。
天気が良かったので、プールにも入った。 下のチビ二人にとっては、こちらに来て初めてのプールだったので喜んでいた。
海浜公園なので、海にも出ることが出来るので、砂浜で貝拾いもした。

1月5日 今日は何があったのか知らないけど、レートが良かったのでパサラヤのマネーチェンジャーも人がいっぱいだった。
慌ててドルを取りに家に戻ったが、ルピアが無くなっていたため両替できなかった。

1月6日 「タマンミニ インドネシア インダ」というテーマパーク?にいく。
麻殻天気が良くて行楽日和だと思っていたけれど、暑くて大変だった。
その上、めちゃめちゃ広いので途中で嫌になってきた。
とりあえず、ロープウェーに乗り、池の中のミニチュア インドネシアを眺めたり、ボートに乗ってその池を走らせたりとしてみた。
途中で疲れてきたので、エアコン付きの3DシアターのVIP席のチケットを買って(VIPといっても一人300円ぐらいだっただろうか)涼みながら見て(昼寝して)いた。

1月7日 今日は植物園に行こうと思っていたが、天気も良くなかったし、美里が疲れているようだったので、明日からの学校のことも考えて、家でゆっくりすることにした。

1月8日 日本からの出張者からお土産でリンゴを頂いた。
リンゴもさることながら、包んである日本の広告を久しぶりに見て感動した。
毎日食べているマンゴが無くなっていたので会社の帰りに買って帰ったら、妻も大量に買いこんでいたので、我が家はマンゴだらけになってしまった。

1月9日 年末年始は、帰省の影響で車が極端に少なくて、どこへ行くにもスムーズについていたが、そろそろみんな戻ってきたのか渋滞が激しくなってきた。

1月10日 今日はタオルケットや肌布団を買いに行ったのだが、種類も少なく、せっかく良い物を見つけても汚れていたりして買えなかったりした。
大きなデパートでさえそんな状態なのだから、どんな管理をしているんだろうと不思議になる。

1月11日 そごうへ行ったのだが、突然、翔太が迷子になりパニックになる。
見つけにくいのに加えて、館内放送があっても訳がわからないのでとりあえず捜し続ける。
そのうちに、セキュリティのおじさんに囲まれて歩いている翔太を発見!
最近、すっかり慣れてしまって、トイレでも自分でインドネシア語で聞きながら行ってしまうので大変だ!

1月12日 日本人スーパーは、明日から商品が入ってくるらしく、今週は物が揃ってないので余り行かなかった。
来週の月曜日は国会があり、またデモがあるかもしれないので、学校は2時間目までで下校させるらしい。
先生がどう言う風に説明したのかは知らないが、美里は「賢い人達が集まって危ないことをするから早く帰るんだって?」だって (笑)

1月13日 ボゴールにある植物園に行ったのだが森の中にあると言う感じで花も無く、聞いてみると8月頃が満開であるらしい。
近くにあるもう一つの植物園がキレイらしいので行ってみる。
標高がかなり高いので、幾度宇宙の景色も素晴らしく到着して中に入っててみてもさっきの所とは比べ物にならないほどの光景で、ヨーロッパの庭園のような感じで整備されていて満足だった。

1月14日 子供服を買いにそごうに行き、昼食を取った後、カモメスーパーに買い物に行こうとしていたら、明日のデモのためだろうか、バスやバイクに乗った大勢の若者で道がいっぱいだった。
そのうちに後ろからも大勢やってきて、とうとう囲まれてしまった。
5車線の真中ぐらいで囲まれているので、身動きが取れない。
しかし、目的自体が私達には関係ない事なので、私達に危害を加える様子は無く、子供達も「お祭り!お祭り!」などと言っていた。
そのうち、脇にそれて、何事も無く帰ることが出来た。

1月15日 今日から行われるデモに備えて、学校は2時間で切り上げるらしい。
通学で2時間以上道路上にいることを考えたらバカらしいので、休ませることにした。

1月17日 危険な場所へはい化ない様にと思い、とりあえずパサラヤへ行ったらしいが、学校からの緊急連絡が入り、国会が行われている場所周辺で、1000人単位で集会が行われているそうだ。
結局、何も見ずに慌てて家に帰った。

1月18日 近くの郵便局に手紙を出しに(メイドに)行ってもらう。(エアメール)
前回は中央郵便局で4000ルピアだったのに、局が違うからか6000ルピアだったらしい。
局が違うと手数料でもかかるんだろうか?

1月19日 今回の設備増設関係で、スーパーバイザーが日本から続々来ておりその人達の歓迎会を行った。
2次会は当然のごとくブロックMである。

1月20日 今日は、社長を始めとして派遣員と家族も含めてリージェントホテルにて新年会が行われた。
昼食会と写真撮影、自己紹介、家族紹介、ビンゴ大会など、いろいろ考えられていてあっという間に過ぎた時間でした。

1月21日 今日は、前出のスーパーバイザー軍団主催のゴルフコンペに日だったが、最近ちょっと疲れ気味なのと今週末に両親が日本から来て、一緒にバリに遊びに行くので、買い物等いろいろあるので不参加にした。
ゴルフに行かない分ゆっくり朝寝をして、休養を取ることが出来た。

1月22日 プラザスナヤンに行くと、ディスプレイは中国(旧正月)一色である。
色々な人種が住んでいるので、クリスマスが済んだら、イスラムの正月、日本の正月、中国の正月とディスプレイはめまぐるしく変わっていく。
人件費が安いので出来るワザ?

1月23日 JJS幼稚園の入園申請日だが家庭車はオプションの取り付けとセキュリティシステムの修理のためディーラーに持って行っているので、社用車を臨時で借りることにする。
幼稚園に行く前に昼食をとり、「さぁ、行こうかな?」という時に...
カーコールしても運転手が来ないではないか?
30分ほど過ぎてから、明らかに寝起きとわかる顔で運転手がやってきた。
まぁ、しょうがないか?

1月24日 朝からJJSの講演会に行く。
中国の旧正月なので、街の中の雰囲気も少し違う。
何事かあるのか不安であったが、何事も無かった。

1月25日 私が飲み会だったので、妻と子供は珍しく夕方から買い物に出かけたらしい。
明日はいよいよ日本からジジ・ババがやって来るので、子供達も興奮気味だ。

1月26日 今日は会社を休んだ。 と、いうのも 今日からバリ旅行だからである。
あまり長く休めないので2泊3日ではあるが...
私達は昼過ぎにバリに着きチェックイン! ホテルはメリアバリに泊まったのだがスーペリアでは部屋が少し狭かったので、急遽スゥイートルームに切り替えた。
妻が付き添い子供達はプールに泳ぎに行き、私は近くのスーパーに買い物に出かけた。
一度荷物を置いてから、日本から来る私の両親と妻の母を出迎えに空港に出かける。
親達も無事到着し、ホテルへ向かう途中で妻の携帯に電話して、プールから戻るように言う。
子供達をスタンバイさせるためである。
こうして、久々の再開となった。

1月27日 バリ2日目は、朝から「バリ・ヒート」というところの「トラベル・クリエイトサービス」というガイドツアーを申し込んでみんなでバリ観光にでかける。
ガイドのスマディさんは最近日本語を勉強し始めたという割には、難しい単語も知っているし、発音もしっかりしていて、各所での説明もわかりやすかった。
バードパークでは、インドネシアに来て始めてセミの声を聞いた。
工芸品の見学などに行っても、「ココは観光地になっているので、品質の割に値段が高いので見るだけのほううがいいです」などとアドバイスしてくれたり、「欲しい物があったら値引き交渉もしますよ」などと言ってくれたりと、色々と気遣ってくれると手も気持ちの良い人でした。
夜はホテル・バリ・グランド・ハイアットでレゴンダンスを見ながらのディナーで、みんな満足した様子だった。
今回お世話になった「バリ・ヒート」は食事代は別としても、8人もいながら、朝9時から夜9時まで案内をしてもらって、¥17,000と、とても安かった。
他社やツアーのオプショナルツアーだと(ツアー単体料金×人数)となるので、人数が増えればバリ・ヒートの方がかなり得だと思う。

1月28日 最終日のの今日は、母親二人はバリ・エステに、残りはプールとプライベートビーチで遊んだ。
飛行機の時間の関係で3時にチェックアウトだったので、一度部屋に戻り、シャワーを浴びてルームサービスで昼食を済ませ、帰りの支度をする。
チェックアウト後、タクシーで空港に向かいジャカルタへ...のつもりが、私達の乗るガルーダも親達の乗るJALも大幅に遅れが出て、空港で長い長い待ち時間となった。
結局、予約していた夕食もキャンセルせざるを得なくなり、両親たちを空港で待って、自宅に帰った。

1月29日 旅行疲れも取れないまま、今日から再び出勤だ!
私の父親がウチの社長とその昔、一緒に仕事をしていた時代があるらしく、挨拶がしたいと言うので会社に一緒に出勤する。
社長室で少し話した後、工場見学をさせて帰ってもらう。
チビ達は学校を休んで、ジジ・ババのお土産の買い物について行った。

1月30日 今日はJJS(学校)で餅つき大会があるらしく、保護者も手伝いがいるらしいので、ちょうどいいのでジジ・ババにも学校見学ついでに行ってもらうこととした。
私は、今日は重要な仕事があってどうしても外せないので出勤した。
しかし、予想外に?順調に終ったので、すこし早めに帰らせてもらい、「タイしゃぶ」の店を予約して、みんなで夕食をとることとした。

1月31日今日はとうとうジジ・ババが帰国する日である。
私も会社を休んで、みやげ物購入ツアーのガイドとして一緒に出かける。
まず、これまで撮った各々のフィルムを預かり、夕方までに仕上がる写真屋を探して現像に出す。
お土産を色々買いながら昼食は「プラザ・スナヤン」にある「寿司清」で寿司を食べてもらう。
昼からも少し買い物をして帰国の準備にかかる。
夕方、空港へ向かって走る車の中、一番上のミサトが泣き出して止まらない。
空港でチェックインを済ませて、ゲートへ向かう途中もガラス越しに見えるので、見える限りついて行っていた。
やはり、帰りの車の中でも、家に帰りついても泣いていた。
ショウタとアヤカはあんまりわかっていない様だ。

2月の日記へ