2001年7月の日記

7月1日 先週ぐらいから涼しい日が続いているので、エアコンをつける頻度が減ってきた。
日本はもう結構暑いんだろうなぁ?

7月4日 夕方にまた停電があった。 まず冷蔵庫や2階のコンセントが使えなくなり、4時間ほどしてから全停電となる。
ここはなぜか3相のうち1相だけが停電したりするのでわけがわからない。
しかし、夜に全停電になったにもかかわらず子供達もなれたもので、ロウソクに火をつけるとさっさと各部屋に置いて行った。

7月5日 珍しく美里が起こされる前に目を覚まし、学校へ行く支度をしていつもよりも早く出掛けて行った。
いつもはバスが来て友達から呼ばれるくせに...

7月6日 仕事から帰ってくると玄関先に笹が立てかけてあり短冊がついている。
七夕の飾りであった。  そう言えば運転手のユスフに笹を頼んでいたのだがそれが来たので飾りをつけたんだなと思った。
でも、周りを見渡してもウチだけだった。

7月7日 嫁サンが運動不足になっているようなので、始めて二人で打ちっぱなし練習場に行く。
まぁ、始めてだったのでこんなもんかな? ってかんじだった。
あとは、一人でもちゃんと続ける事が肝心なんだが...

7月8日 私も含めて近所のお父さん連中は一緒にゴルフで、嫁サンと子供達はバーベキューセットで家の前で焼き鳥パーティをしたらしい。
お父さん連中がいないので炭を起こすのに手間取ったらしいのだが、なんとかなって子供達も喜んでいたらしい。

7月9日 来月、ウチの工場長が本帰国となるためニョニャ会(夫(婦)人会)で工場長夫人の送別会が「なだ万」で行われたそうだ。
嫁サン曰く「なだ万と言う割には期待外れ」だったらしい。

7月10日 翔太の咳がひどいので幼稚園を休ませる事にする。
嫁サンはアンクロン(竹で出来たインドネシアの民族楽器?)の練習に行く日だったので翔太は一人でお留守番!
ちゃんと一人でも算数の勉強をしたり、なにか作り物をしたりとおりこうにしていたようだ。
ひょっとしたら美里よりもチャンとしてるかも...

7月11日 翔太のカゼも治り幼稚園から帰ってくると、めちゃめちゃ元気になっていた。
その代わりと言ってはナンだが、メイドのパルティがカゼでダウン!

7月14日 今週も嫁サンを連れて打ちっぱなし練習場に行く。
今日は子供も連れて一家総出で練習場に行く。
子供達にも2-3球だけ打てないなりにも打たせてやる。
しかし、一度連れてきた事があり、事情を知っている彼等の目的はゴルフではない。
実はここの練習場のレストランはまぁまぁ美味しいので、私も練習が済んだら朝食を食べて帰っている。
子供達は前回食べられなかったクラブサンドウィッチを目当てに早起きしたのだ。

7月15日 実はとうとうカゼが私のところに回ってきていて一昨日ぐらいからちょっと辛かったのだ。
今日は朝から社内コンペなのだが、鼻水と喉の痛みでとってもツライ!
熱は無いのでとりあえず行く事にした。
しかし、ゴルフの調子事態は良くなかったがかえってスコアのほうは自己ベストタイの49-48で97となり、3位になってしまった。

7月16日 カゼの方は相変わらず、と言うよりひどさを増してきたのだが、前日ゴルフに行っておきながら翌日に休むわけにもいかず、何とか出勤する。
仕事中に気を抜いて下を向くと、水状の鼻水が滴るぐらいなのでティッシュを詰めて仕事をしていた。

7月17日 昨日に比べると幾分マシにはなってきた。  薬のせいか鼻水も納まっている。
その代わり喉の痛みが増してきて、咳が止まらなくなりだした。
無理をせぬようにいつもよりは少し早めに帰宅してすぐに寝た。

7月18日 朝起きると喉の痛みと咳が止まらなくなり、どうしようもなくなってきたので今日は会社を休む事にしてゆっくり休養を取る。

7月19日
7月20日
7月21日
7月22日
7月23日
7月24日
7月25日
7月26日
7月27日
7月28日
7月29日
7月30日
7月31日

8月の日記へ